2016年09月09日

こんなの探してた!優しい香りのツヤ出しスプレー

通ってるサロン、ツヤ出しのオイルスプレーを仕上げに使ってくれるんです
そのお店は物販してないので、どれ買おうかな…と思っていたのですが、これは本当に気に入った!
香りも強すぎず、オイルなのにさらさらで重くならない!
満点です、こんなの探してたの!
使い切ったらリピートしたいな

image.jpeg
マシェリ オイルインミストスプレー

神にツヤを与え、美容オイル(ローズヒップオイル)配合で毛先までダメージ補修
スタイリング剤の上からでも使えます

湿気を吸って広がる髪質なのでスタイリング剤のチョイスは慎重です
(セット後に使うスタイリング剤で余計に広がったりするんです…)
こちらはとっても良い
スタイリング後に使ってもスタイル崩れず、浮き毛がおちつきます
スタイリング後にこちらのスプレーでトップの浮き毛をおさえて、全体にもかるーくスプレて艶出しします

仕上がりはさらさら!
オイルインでも全く重くならず、するんと落ち着くのにかるーい仕上がり
オイル系のスプレーって時間の経過とともにぺたっとしてくるものもあるけど、こちらは大丈夫でした
ぺたっとしたり、油っぽくならず、さらさらの仕上がりが1日中続きます

艶出し効果も持続
付け直しは必要なく、浮き毛も1日中気になりませんでした
朝ひとふきするだけだから、簡単で手軽でとってもおすすめです

香りも大好き♡♡
フローラルフルーティ、とってもさわやか!
甘すぎず、しつこすぎず、上品で優しい香り
香りの強さもちょうどいいです
顔に近い部分のものは、あまり強い香りだと酔ってしまうのですが、こちらは大丈夫でした
ほんのり、動いた時にふわっと香る、上品な香り方です

この香り気に入ったから、ヘアコロン買いたいな〜

10代の頃使っていて大好きだったマシェリ
リニューアル後久しぶりに使いましたが、優しいかおりも、ピンクのパッケージもやっぱりかわいい!
当時のわくわく感を思い出しました♡♡

このミストスプレーは、ぴょこっと出てくる浮き毛をおさえたい方、ツヤのある生き生きした雰囲気に仕上げたい方におすすめです
時間をかけずにスタイリングの仕上がりを高めてくれるアイテム、気になる時にいつでも手軽に使えるところもお気に入りです!

詳しくはこちら

資生堂様に商品をいただき、モニターに参加しています
posted by u at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

するん!となめらかな髪へ!ドライ使用でもべたつかない、オイルセラム

昔エルセーブのクセ毛用のラインがあって、なかなかまとまらない髪が扱いやすくなって大好きだった
ラインで全部揃えて、どれも何本リピートしたかわからないくらい愛用してたんだけど、
途中で見かけなくなっちゃって…
アウトバスオイルはまだあるみたい!

今はアウトバスのオイルが充実してるんですね(すごい種類があったよ!)
最近はダメージがきになるので、ダメージケアのオイルをチョイス
久しぶりに使ってみたらとってもよかった

image.jpeg
ロレアル パリ
エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル セラム


傷んだ髪用の集中補修セラム
タオルドライしたあとの髪にも、乾いた髪にも使えます

フェイスラインくらいの長さのボブの私は、1プッシュで十分でした
手に広げてから、髪全体に馴染ませます

スタイリング前の土台づくりに使ってるのですが、ツヤが出てまとまる
パサついた印象だとスタイリングもいまいちだから、これを使ってベースを整えます

オイルを馴染ませた後、コテを使ってスタイリング
これを使いだしてから、スタイリングが長持ちするようになったよ
アウトバスオイルってものによってはカールの持ちがよくないものもあるけど、これは大丈夫だった

1日中毛先までまとまってするん
パサつかず、1日ツヤのある仕上がりが続きます

乾いた髪に使っても全然べたつかないさらっとした使い心地
ヘアオイルはタオルドライ後に使うことが多かったけど(その方がべたつきにくい気がして)、これは乾いた髪に使ってもさらさら
寝ている間に髪が顔につくのが気になるので、最近は専ら朝のスタイリング時に使用しています

毛先から馴染ませて、髪表面や全体にもかるく馴染ませます
1日アホ毛が立たないのも気に入ってる
ゴワつきがちな髪が柔らかく、扱いやすくなります

向きを変えてロックを解除するポンプタイプも良い
(キャップあるタイプ、急いでる時に結構キャップを落としちゃうんだ…)

1プッシュずつだから全然減らない
シャンプー前後にインバスケアとしても使えるみたいだから、ためしてみようかな?
たっぷり使ってもかなり長く使えそうです

オリエンタルサニーの香り
濃厚でこってり甘いかおりです
あたたかみのある香りで、これからのシーズンに良いと思う
ちょっと酔いそう?と思ったけど、大丈夫でした
穏やかな香り方です
いつも香水使っているのですが、この位の香り方なら併用しても大丈夫そう
無香料タイプもあるみたいなので、次使うなら無香料タイプにしようかな

サロン専売品もいろいろ使ったけれど、DSコスメもとっても優秀ですよね
気にいりました
とりあえずしばらく使ってみよう

image.jpeg
パッケージはこんな感じ、探す時の参考になるといいな
posted by u at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

はじめましての使い心地!オフした後にもサプライズ♡♡ベアミネラルのCR ティンテッド ジェル クリーム

これ、落とした後が衝撃でした…!!!
肌がつるんつるん…!!!
今までになかった快適な軽いつけ心地と美肌効果に大満足
初めての使い心地でした
とっても気に入って毎日使ってます

image.jpeg
ベアミネラル
CR ティンテッド ジェル クリーム


SPF30・PA+++
オイルフリー、鉱物油、合成香料不使用
ノンケミカルUVケア
全7色

ファンデーションとしても、下地としても!
みずみずしいつけ心地、植物由来成分配合でスキンケア並みの保湿力、肌をケアする効果も抜群
ヘルシーで生命力あふれるツヤ肌仕上げです

image.jpeg
私が使ったのは新色
01 オパール
ピンク系
肌を明るく整えるベースとして使いたかったので、ピンク系にを選びました
肌に伸ばすとほとんど色はつきません
若干赤みが出ましたが(肌が黄みよりなので、赤みのないものを選べば気にならなかったかも??)、上にパウダーを重ねるので問題なし
白浮きもなく、自然になじみます

肌になじませるとぱーん!とハリのある健康的なツヤ肌
色はシアーですが、毛穴やくすみはしっかり隠れるのが不思議
色をしっかり合わせれば、これひとつでも大丈夫そうですね

そして驚いたのがつけ心地のよさ
本当にみずみずしくて、ふわっと軽くて、肌にすーっとなじみます
このつけ心地は、オフするまでずーっと続きました
1日中全く圧迫感なく、うるおって軽いつけ心地
保湿感が高いからべたべたするかな?と心配だったけど、全然べたつかない!

スキンケア効果の高さもしっかり実感できましたよ
オフした後の肌がつるつるなの!
どこにもひっかかるところがなく、もちっとしたうるおった肌なんです
本当に感動した〜!!
保湿感の高いものでべたべたするものはかゆみが出たり、乾燥するものは吹き出物が出来たりするのですが、これはオフした後も肌調子よし
ちょっと乾燥しちゃうファンデーションの下地にもよさそうですよ

リラックス感あふれる仕上がりだから、オンタイムはファンデーションを重ねてます
これを下地代わりに、その後崩れ防止に薄くお粉、その後ルースファンデーション、仕上げにまた薄くお粉をなじませてます
こんなに重ねてるのに全く乾燥しないのがすごい
かなり保湿感のあるベースだけど、意外と持ちが良い
この工程でベースメイクを仕上げると、全然お直しひつようありませんでした
時間とともにテカるのはTゾーンくらい(ベースメイクによってはテカテカになってしまうほど、今の時期は油分が出やすい肌です)
メイク直しするときにティッシュオフするだけで十分きれいになります

下地として使った後にお粉使うだけでももう十分うっとりする美肌に仕上がるので、休日はこれ+お粉で十分
ベアミネラルのルースファンデーションと重ねるとさらにリラックス感ある仕上がりに!
こちらも好きです

私のおすすめポイントは、
きれいなツヤ感、リラックス感ある仕上がり、
驚くほど軽いつけ心地、オフした後の未体験のスキンケア効果です
特にこの軽いつけ心地とオフした後の肌のつるすべ感は体験してみてほしいです

店頭でのベースメイク体験のできるキャンペーンも実施しています
9月2日(金)より全国ベアミネラルカウンターで
「うる密」+「立体感」でつややかな小顔肌ベースメイク体験実施しています
体験した方には“CR ティンテッド ジェル クリーム”2色入りサンプルのプレゼントも!
詳しくは下記リンクからどうぞ!
http://www.bareminerals.jp/autumn/

image.jpeg
パッケージはこんな感じ!

ベアミネラル
CR ティンテッド ジェル クリーム
詳しい商品情報は上記リンクからどうぞ♡♡

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ ベアミネラルのモニターに参加しています
posted by u at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする